和歌山市の3分の1の医療を担う、和歌山県最古の中核病院

  • 施設名
  • 日本赤十字社和歌山医療センター
  • 特 徴
    • 和歌山市の医療の3分の1を担う中核病院であり、高度医療の提供、地域の医療施設との連携を実践。
    • 高度救命救急センターとして年間約3万人の救急患者受入。
    • 国際医療救援拠点病院、災害拠点病院として、国内外の被災地や紛争地に医師や看護師など多くの職員を派遣し、救援救護活動を展開。
  • 概 要
  • 所 在 地:和歌山県和歌山市
  • 設立主体:日本赤十字社
  • ベッド数:873床(一般865床、その他8床)
  • 総床面積:99,259.85㎡
  • <主な実績:増改築>
  • 構 造:鉄骨造
  • 規 模:地上14階、地下1階
  • 延床面積:99,259.85㎡
  • 設 計 者:横河建築設計事務所
  • 竣工年月:2012年07月
  • 写真全体を見る