特別講演「がん患者必携の目指すところ/がん対策情報センターの役割」を聞いて

2010年5月1日に 独立行政法人国立がん研究センターの若尾文彦先生

(がん対策情報センター長補佐 情報提供診療支援グループ長 中央病院放射線診断部長)

 の特別講演 「がん患者必携の目指すところ/がん対策情報センターの役割」を聞きました。

若尾先生は一番最初に「国立がん研究センターがん対策情報センターのがん情報サービス

http://ganjoho.ncc.go.jp/public/index.html

を 見たことがある方は?挙手して下さい」と質問されました。

参加者のほぼ6割の方が挙手されたようでした。

もちろん、私も父にがんが見つかった時に、大変お世話になりました。

「では、がん患者必携について御存知ですか?」

こちらは初耳でした。挙手された人数も4割弱だったようです。

「がん患者必携」は、がん対策推進基本計画 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/06/s0615-1.html

に基づいた、がん患者さんのための、がんに関する情報を取りまとめた冊子だそうです。

がん対策情報センターのHPで、試作版が公開されていました。

http://ganjoho.jp/public/qa_links/brochure/hikkei.html

続きを読む "特別講演「がん患者必携の目指すところ/がん対策情報センターの役割」を聞いて" »

国立がんセンター野村先生のご講演

3月16日、国立がんセンター中央病院院長の野村先生の講演を聞く機会がありました。

がん最前線の現況から 今後のがん医療への取組み というタイトルにふさわしく充実した内容でした。私自身、入社当時私を可愛がってくれた先輩や上司、自分の伯父達も皆癌で亡くしているのに、癌に対する恐怖心はあっても現状のがん対策について積極的に知ろうとはしていなかったことを反省しつつお話を伺いました。テレビ番組、新聞や雑誌記事などで日本のがん対策は欧米に比べて遅れているということをよく目にします。しかしながら今回の講演を聞いてその不安は払拭されました。 http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/index.html

第3次対がん10ヵ年総合戦略、医療制度改革の概要、がん対策推進アプローチ、という3つの観点からのお話でしたが国立がんセンターが中心となって改革していくという強い意志を感じました。EBMという言葉も浸透してきましたが、エビデンスの確立に必要な症例数を集積し分析していく責務はやはり国立がんセンターの役割なのでしょうしそれを活かしていけるネットワークの仕組み作りは欠かせないことだと思います。 http://www.ncc.go.jp/jp/taigan/index.html

続きを読む "国立がんセンター野村先生のご講演" »