特別講演「がん患者必携の目指すところ/がん対策情報センターの役割」を聞いて

2010年5月1日に 独立行政法人国立がん研究センターの若尾文彦先生

(がん対策情報センター長補佐 情報提供診療支援グループ長 中央病院放射線診断部長)

 の特別講演 「がん患者必携の目指すところ/がん対策情報センターの役割」を聞きました。

若尾先生は一番最初に「国立がん研究センターがん対策情報センターのがん情報サービス

http://ganjoho.ncc.go.jp/public/index.html

を 見たことがある方は?挙手して下さい」と質問されました。

参加者のほぼ6割の方が挙手されたようでした。

もちろん、私も父にがんが見つかった時に、大変お世話になりました。

「では、がん患者必携について御存知ですか?」

こちらは初耳でした。挙手された人数も4割弱だったようです。

「がん患者必携」は、がん対策推進基本計画 http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/06/s0615-1.html

に基づいた、がん患者さんのための、がんに関する情報を取りまとめた冊子だそうです。

がん対策情報センターのHPで、試作版が公開されていました。

http://ganjoho.jp/public/qa_links/brochure/hikkei.html

続きを読む "特別講演「がん患者必携の目指すところ/がん対策情報センターの役割」を聞いて" »