よみうり健康フォーラム 彩都友鉱会病院の開院を記念したフォーラム

医療法人友紘会グループが、民間病院としては西日本初となるがん医療に特化した病院http://www.saito-yukoukai-hp.jp/index.htmを大阪府の彩都ライフサイエンスパク内に今秋9月に開院されますが、その開院を記念して読売新聞大阪本社と共催で健康フォーラムを開催されました。

彩都友鉱会病院パース0509.gif

医療法人友鉱会の林豊行理事長先生の基調講演「がん医療の現状について」、大阪大学医学部付属病院放射線治療科科長 井上武宏先生のご講演「放射線治療の今日と明日」、会場からの質疑応答の後に行われたパネルディスカッションでは「がん治療のこれから~緩和ケアについて考える~」をテーマに紀和病院緩和ケア科部長の後明郁男先生、静岡がんセンターがん看護専門看護師の高橋晃子先生も加わって誤解されがちな緩和ケアについての解説を交えての発表がありました。

 

続きを読む "よみうり健康フォーラム 彩都友鉱会病院の開院を記念したフォーラム" »

恵寿総合病院の神野理事長先生

611日 恵寿総合病院の神野理事長先生http://www.keiju.co.jp/annai/sougyou.htmlのお話を伺いました。医療福祉部部員になってやっと1年が経過した私ですらも恵寿総合病院さんは地域医療のモデルとして新聞・雑誌記事等でよく目にしていました。神野理事長先生のお話は非常に分かりやすく、真摯に地域医療に取り組む姿勢が言葉の端々から感じられ印象深い講義でした。講義冒頭で、戦略は変わらない方向性と目標であり、戦術は達成するための手段であり状況に変化する可能性があるもので、一つの戦略に対しても様々なバリエーションが考えられるものであり、戦術だけを真似してみても戦略が異なっていたら意味がなくなってしまう、と戦略と戦術の違いについてのご説明がありました。「地域なくして医療は成り立たない」「地域とともに歩む」という戦略のもと、恵寿総合病院を中心とする、けいじゅヘルスケアネットワークの様々な戦術を駆け足でご紹介いただきました。

続きを読む "恵寿総合病院の神野理事長先生" »