ユニバーサルデザイン

3月13日の読売新聞に井上眼科病院が紹介されていました。
http://www.inouye-eye.or.jp/clinic/index.html
誘導タイルなどで足元を明るくしてあり、館内表示の分かりやすさに
工夫し患者さんに好評だそうです。
まったく見えないのではないけれど、視野狭窄などの見えにくさの障害がある方、をロービジョンと呼ぶそうです。
「見やすさとデザインを考える会」
http://homepage3.nifty.com/miyasusa/

この会長さんは、眼科医でいらっしゃいます。会のメンバーには全盲の方やロービジョンの方がいるそうです。

この会でまとめた病院におけるロービジョン対応についてのパワーポイントが参考になります。
http://homepage3.nifty.com/miyasusa/040323.files/frame.htm

トラックバック

トラックバックURL:
http://medical.toda.co.jp/cms/mt-tb.cgi/20

コメント

コメントを投稿する

(当ブログでは不適切なコメントを防止するため、コメントを掲載する前に管理者がコメントの内容を確認しています。コメントを初めて投稿する場合すぐに掲載されませんが、管理者が適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

コメントフォーム