ムービーをご覧になるには
ムービーをご利用いただく際には、Adobe Flash Playerが必要です。
最新バージョンをダウンロードしてインストールしてください。
Get Adobe FLASH PLAYER
最新医療「社会的入院の地域移行の実践」
最新医療精神科病院における社会的入院とは、病状が安定しており、適切な地域生活支援体制が完備されれば退院可能であるのにもかかわらず、精神科病院に長期入院し続けることを言います。現在日本には7万人以上の精神障害者が社会的入院を余儀なくされています。社会的入院の解消に向けて、巣立ち会を設立し、支援付き住居と通所を組み合わせて、退院促進に取り組んできました。地域住民の方々の理解と協力をいただき、居住支援の利用者さんは90名弱、また通所の利用者さんは200名弱となりました。

詳細はコチラ

最新医療「精神科急性期入院医療の現場」
最新医療近年、精神科病院における精神科急性期入院医療の必要性について、社会的ニーズが高まっています。こうした状況から、これから精神科急性期系病棟を構築する病院に有益な情報を提供することを目的に、二つの調査を行いましたのでご紹介します。一つはある病院の精神科救急病棟入院料の取得前と後の病棟の変化に関する調査、もう一つは精神科病院の急性期系病棟の空間構成に関する多施設調査です。
※精神科急性期系病棟:精神科救急病棟入院料、急性期治療病棟入院料を取得する病棟

詳細はコチラ

最新医療「回復期リハビリテーション病院のあり方」
最新医療在院日数の短縮化等の医療環境の変化から回復期リハビリテーション病院のニーズは益々高まっております。
亜急性期医療の場として適時・適切なリハビリテーションサービスが、継続的に提供されるように、急性期(救急)と在宅維持期の架け橋としての役割を果たし、地域医療に貢献することが、わたしたちの使命だと考えています。

詳細はコチラ

最新医療「緩和ケアについて」
最新医療がん対策基本法の導入に伴い、『緩和ケア』医療の需要は益々高まっています。 「ピースハウス病院」は、1993年に富士山を望む神奈川県足柄上郡中井町に日本で最初の独立型ホスピスとして開設されました。
7年の準備期間を費やし、日本にふさわしいホスピスを模索しながらつくった私たち「ピースハウス病院」における緩和ケア医療の取組みをご紹介させて頂き、今後の日本における『緩和ケア』医療の発展について寄与出来れば光栄です。

詳細はコチラ